院長ブログ|世田谷そのだ皮膚科|松陰神社前駅 東急世田谷線

予約優先診療
診療時間
休診日:水・日・祝

月火木金

09:30-12:30 15:00-18:30
09:30-14:30
松陰神社前駅より徒歩2分
03-3420-5005
予約システム


松陰神社前駅より徒歩2分
03-3420-5005
予約システム

ブログ

ブログ

Diet and acne: review of the evidence from 2009 to 2020

ご無沙汰しております。世田谷そのだ皮膚科の園田広弥です。

以前より海外論文を読むことが増えました。

今日はにきびの論文を紹介します。

まず、食事と疾患の因果関係の証明は非常に難しいです。

この論文では次の要因が紹介されていました。

ニキビを促進する要因としては、

高GI/GL食品

乳製品

脂肪分の多い食品

チョコレート。

ニキビを予防する要因としては

脂肪酸

果物・野菜の摂取量

が挙げられていました。

一つずつみていきます。

■高GI/GL食品

GIとはグリセミック指数のことで、食品の炭水化物50グラムを摂取した際の血糖値上昇の度合いを、ブドウ糖(グルコース)を100とした場合の相対値です。

GLとはグリセミック負荷のことで、GIに炭水化物の重量をかけた値です。

高GI/GL食品はにきびの悪化要因にはなりそうですが、低GI/GL食品がにきびの予防にはならなそうです。

■乳製品

全乳または乳製品を週3回以上、大量に摂取すると増悪しうるようです。

■脂肪分の多い食品

揚げ物、スパイシーな料理、油っこい料理、ファーストフード、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸を毎日食べるのはダメと。

■チョコレート

チョコレートのどの成分が悪さをしているかはわからないけど、チョコレートは悪さをしていそう。

Federica Dall’OglioさんのDiet and acne: review of the evidence from 2009 to 2020という論文を読んでみました。

Int J Dermatol (IF: 2.74; Q3) 2021 Jun;60(6):672-685

世田谷区世田谷4-1-3世田谷医療COMMUNITY4階

松陰神社前駅より徒歩2分

三軒茶屋駅より7分 豪徳寺駅より9分 下高井戸駅より13分

世田谷そのだ皮膚科

インスタグラム:@der_mania

ツイッター:@setagayasonoda

園田広弥

 カテゴリー:お知らせ  2021年10月20日  コメント(0)

コメントは受け付けていません。