痛い皮膚の病気・口唇ヘルペス|世田谷そのだ皮膚科|水ぶくれ 水疱

予約優先診療
診療時間
休診日:水・日・祝

月火木金

09:30-12:30 15:00-18:30
09:30-14:30
松陰神社前駅より徒歩2分
03-3420-5005
予約システム


松陰神社前駅より徒歩2分
03-3420-5005
予約システム
当院で治療する疾患
▶ 痛い皮膚の病気
▶ 感染する皮膚の病気
▶ できもの
   しみ・あざ
   その他

口唇ヘルペス

口唇ヘルペス

口唇ヘルペス

概略

くちびるやその周りにぴりぴりするような違和感やかゆみが前ぶれとして現れた後、痛みを伴う水ぶくれ(水疱)ができる病気です。肉体的、精神的に疲れた時に症状が出ることが多いです。1年に数回から、数年に1回出る人が多いですが、毎月出る方もいます。

原因

単純ヘルペスウィルスというヘルペスウィルスの一種が引き起こす感染症です。症状が出ている人の水ぶくれ(水疱)、唾液などに接触することで感染します。特に水ぶくれの中には多くのウィルスがいます。

検査

経過と痛みなどの症状、皮疹から診断します。診断がつかない場合は水疱の内容物を染色して顕微鏡で見る検査(ツァンク試験)により診断を行います。
血液検査での診断はできません。

治療

ウィルスの増殖を抑える内服薬、外用薬で治療を行います。
内服薬での治療は、ファムシクロビル、バラシクロビルを5日間内服してもらいます。
症状が改善しても、内服薬は飲み切ることが大切です。
皮疹は乾燥させると治癒が遅れますので、プロペトの塗布をしてもらいます。
早期治療が肝心ですので症状が出てきたらできるだけ早く受診してください。