当院で行う検査|世田谷そのだ皮膚科|パッチテスト 真菌検査

予約優先診療
診療時間
休診日:水・日・祝

月火木金

09:30-12:30 15:00-18:30
09:30-14:30
松陰神社前駅より徒歩2分
03-3420-5005
予約システム


松陰神社前駅より徒歩2分
03-3420-5005
予約システム

当院で行う検査

当院で行う検査

真菌検査

どんな検査?

皮膚(角質)を採取し、ジメチルスルドキサイド(DMSO)添加KOH溶液(®ズーム)で溶解します。顕微鏡で100倍に拡大し観察します。

何がわかるの?

白癬(みずむし)、カンジダ、癜風といった、真菌が顕微鏡により確認できます。
皮膚の真菌症の診断に有用です。

検査時間はどのくらい?

皮膚の採取に数秒から10数秒ほどかかります。
数分間で結果がわかります。

いくらかかるの?

検査料+判断料+外来迅速加算で221点となります。
3割負担で663円
1割負担で221円
となります。

ツァンク試験(細胞疹検査)

どんな検査?

水疱(水ぶくれ)を作る皮膚の病気に用いる検査です。
水疱の内容物を染色し(当院ではメチレンブルーを用いております)、顕微鏡で100-400倍に拡大し多核巨細胞を観察します。

何がわかるの?

単純ヘルペス、帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の診断や否定に有用です。

検査時間はどのくらい?

皮膚の採取に数秒から10数秒ほどかかります。
数分間で結果がわかります。

いくらかかるの?

検査料+判断料で340点となります。
3割負担で1020円
1割負担で340円
となります。

パッチテスト

どんな検査?

接触皮膚炎(かぶれ)の原因を調べるための検査です。
背中に物質を48時間貼り付けます。貼付より48時間後、72時間後に皮膚の変化を観察します。

火曜日 木曜日 金曜日 (火曜日)
土曜日 月曜日 火曜日 (土曜日)
の2つのパターンで実施します。

何がわかるの?

接触皮膚炎(かぶれ)の原因検索に有用です。
パットテストパネルSを用いて行います。パッチテストパネルSとは、ジャパニーズスタンダードアレルゲンという、日本人に多いかぶれの原因物質の中より厳選された22種類の物質についてのパッチテスト専用検査キットです。

  • ①硫酸ニッケル 金属
  • ②ラノリンアルコール
  • ③フラジオマイシン硫酸塩
  • ④重クロム酸カリウム
  • ⑤カインミックス
  • ⑥香料ミックス
  • ⑦ロジン
  • ⑧パラベンミックス
  • ⑩ペルーパルサム
  • ⑪金
  • ⑫コバルト
  • ⑬p-tert-ブチルフェノールアルデヒド樹脂
  • ⑭エポキシ樹脂
  • ⑮カルバミックス
  • ⑯黒色ゴムミックス
  • ⑰イソチアゾリノンミックス
  • ⑲メルカプトベンゾチアゾール
  • ⑳パラフェニレンジアミン
  • ㉒メルカプトミックス
  • ㉓チメロサール
  • ㉔チウラムミックス

検査時間はどのくらい?

初日:背部にパッチテスト専用のシートを貼り付けます。
48時間後:シートを剥がした後、15分後に判定します。15分待たなければ、刺激反応を陽性と判断してしまう可能性があります。
72時間後:貼付部位の皮膚を観察します。
1週間後:貼付部位の皮膚を観察します。

いくらかかるの?

検査料で350点(D291-2)
薬剤料で1588点
3割負担で5814円
1割負担で1938円
となります。

金属パッチテスト

どんな検査?

金属アレルギーを調べるための検査です。
背中に金属を48時間貼り付けます。貼付より48時間後、72時間後、1週間後に皮膚の変化を観察します。
火曜日 木曜日 金曜日 火曜日
土曜日 月曜日 火曜日 土曜日
の2つのパターンで実施します。

何がわかるの?

陽性が出た場合、その金属に対するアレルギーが疑われます。
感度が高い検査ではないので陰性の場合でも金属アレルギーを否定することはできません。

検査時間はどのくらい?

初日:背部にパッチテスト専用のシートを貼り付けます。
48時間後:シートを剥がした後、15分後に判定します。15分待たなければ、刺激反応を陽性と判断してしまう可能性があります。
72時間後:貼付部位の皮膚を観察します。
1週間後:貼付部位の皮膚を観察します。

いくらかかるの?

検査料として304点(16点×19箇所)D291-1
薬剤料として82点
3割負担で1287円
1割負担で386円
となります。

アレルギー検査(血液)

どんな検査?

血液を採取し、様々な物質に対するIgE抗体の有無を調べることができます。アレルギーの中でもアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、食物アレルギーなどはIgEという免疫細胞がアレルギー反応に大きく関与しています。

何がわかるの?

イネ科植物花粉 14種、雑草花粉 13種、樹木花粉 15種、ダニ 5種、室内塵 2種、真菌/細菌 12種、動物上皮 17種、寄生虫 2種、昆虫 7種、職業性アレルゲン 9種、食餌性アレルゲン 83種、その他 3種の計182種類のアレルゲンに対してIgE抗体を有するかを調べることが可能です。保険で調べられるのはひと月当たり13種類までです。

調べられるアレルゲンの種類

・イネ科植物花粉(14種類)
はるがや、ぎょうぎしば、かもがや、ひろはうしのけぐさ、ほそむぎ、あし、ながはぐさ、こぬかぐさ(属)、せいばんもろこし、小麦(属)(花粉)、おおすずめのてっぽう、すずめのひえ(属)
・雑草花粉(13種類)
ぶたくさ、ぶたくさもどき、おおぶたくさ、にがよもぎ、よもぎ、ふらんすぎく、たんぽぽ(属)、へらおおばこ、しろざ、あきのきりんそう、ひめすいば、いらくさ(属)、カナムグラ
・樹木花粉(15種類)
かえで(属)、はんのき(属)、しらかんば(属)、ぶな(属)、びゃくしん(属)、こなら(属)、にれ(属)、オリーブ、くるみ(属)、やなぎ(属)、まつ(属)、すぎ、アカシア(属)、ヒノキ、くわ(属)
・ダニ(5種類)
ヤケヒョウダニ、コナヒョウダニ、アシブトコナダニ、サヤアシニクダニ、ケナガコナダニ
・室内塵(2種類)
ハウスダスト1、ハウスダスト2
・真菌/細菌(12種類)
ペニシリウム、クラドスポリウム、アスペルギルス、ムコール、カンジダ、アルテルナリア、ヘルミントスポリウム、ピティロスポリウム、黄色ブドウ球菌A、黄色ブドウ球菌B、トリコフィトン、マラセチア(属)
・動物上皮(17種類)
ネコ皮屑、ウマ皮屑、ウシ皮屑、イヌ皮屑、モルモット上皮、ガチョウ羽毛、セキセイインコのふん、セキセイインコ羽毛、ヤギ上皮、羊上皮、家兎上皮、豚上皮、ハムスター上皮、ニワトリ羽毛、アヒル羽毛、ラット、マウス
・寄生虫(2種類)
カイチュウ、アニサキス
・昆虫(7種類)
ミツバチ、スズメバチ、アシナガバチ、ゴキブリ、ユスリカ(成虫)、ガ、ヤブカ(属)
・職業性アレルゲン(9種類)
オオバコ種子、絹、イソシアネートTDI、イソシアネートMDI、イソシアネートHDI、エチレンオキサイド、無水フタル酸、ホルマリン、ラテックス
・食餌性アレルゲン(83種類)
卵白、ミルク、タラ、小麦、ライ麦、大麦、オート麦、とうもろこし、米、ごま、そば、えんどう、ピーナッツ、大豆、いんげん、はしばみ(ヘーゼルナッツ)、ブラジルナッツ、アーモンド、カニ、エビ、トマト、豚肉、牛肉、にんじん、オレンジ、じゃがいも、ココナッツ、ムラサキイガイ、まぐろ、さけ、いちご、ビール酵母、にんにく、たまねぎ、リンゴ、サバ、タケノコ、サツマイモ、キビ、アワ、ヒエ、イカ、タコ、アジ、イワシ、卵黄、αラクトアルブミン、βラクトアルブミン、カゼイン、グルテン、ロブスター、チーズ、モールドチーズ、鶏肉、キウイ、セロリ、パセリ、メロン、羊肉、マスタード、麦芽、マンゴ、バナナ、カカオ、洋なし、モモ、アボカド、ヤマイモ、カシューナッツ、アサリ、グレープフルーツ、ホウレンソウ、カボチャ、オボムコイド、カレイ、クルミ、カキ(貝)、スイカ、ホタテ、イクラ、タラコ、ω5グリアジン、Gly m 4(大豆由来)
・その他(3種類)
ヒトインシュリン、ゼラチン、綿

検査時間はどのくらい?

血液を採取するのに数分間かかります。
1週間で結果が出ます。

いくらかかるの?

何種類の項目を検査するかで変わってきます。
血液採取料+検査料+判断料で
01種類 0279点
 3割負担で0837円
 1割負担で0279円
02種類 0389点
 3割負担で1167円
 1割負担で0389円
03種類 0499点
 3割負担で1497円
 1割負担で0499円
04種類 0609点
 3割負担で1827円
 1割負担で0609円
05種類 0719点
 3割負担で2157円
 1割負担で0719円
06種類 0829点
 3割負担で2487円
 1割負担で0829円
07種類 0939点
 3割負担で2817円
 1割負担で0939円
08種類 1049点
 3割負担で3147円
 1割負担で1049円
09種類 1159点
 3割負担で3477円
 1割負担で1159円
・10種類 1269点
 3割負担で3807円
 1割負担で1269円
・11種類 1379点
 3割負担で4137円
 1割負担で1379円
・12種類 1489点
 3割負担で4467円
 1割負担で1489円
・13種類 1599点
 3割負担で4797円
 1割負担で1599円

※13種類分の値段で39種類のアレルゲンについて検査できるView39というセットもあります。
吸入系抗原(19種類)
ヤケヒョウダニ、ハウスダスト1、ネコ皮屑、イヌ皮屑、ゴキブリ、ガ、すぎ、ヒノキ、はんのき(属)、しらかんば(属)、かもがや、おおあわがえり、ぶたくさ、よもぎ、アルテルナリア、アスペルギルス、カンジダ、マラセチア(属)、ラテックス
食餌系抗原(20種類)
卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、大豆、そば、ピーナッツ、米、ごま、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、鶏肉、牛肉、豚肉、まぐろ、さけ、サバ

当院で治療する疾患
▶ 痛い皮膚の病気
▶ 感染する皮膚の病気
▶ できもの
   しみ・あざ
   その他